神人(かみひと)さんの講演会に行ってきた。脳科学者も認める”死後の世界”とは

どうもきんぱんですω

今日は、チームIYASAKAのメンバーと一緒に「神人(かみひと)」さんの講演会に参加させていただきました。

(ちなみに、チームIYASAKAとは、私が参加させてもらってるオンラインサロンです。詳しくはこちらです。)

 

神人さんというのは、いわゆるシャーマンの方(霊媒師のこと)で、ガチの方です。(エセ霊能者はいっぱいいますが、この方はホンモノです。神人さんの公式サイトもご覧ください)

まあ知ったふうに書いてますが、私も神人さんを知ったのはつい最近でして、チームIYASAKAリーダーの西野さんから教えて頂いたばっかりなのです。

というか、本物のシャーマンが存在するということすら知らず、最近まで私にとってファンタジーでした。

 

ということで簡単にですが、備忘録として書いておきます。

 

神人さんとは?

神人さんって、ものすごいスケジュールで講演会・ライブ・ワークショップなどをやってらっしゃるんですが、今回は静岡県の袋井市にて開催の講演会へ参加させていただきました。

神人さんがどんな人かって言うと、霊媒師でありながらギター弾いて歌ったりLIVEもたくさんやられてる方です。

【大日月神示】という超重要な本の執筆者(執筆というか”降ろした”)としても知られています。

 

大日月神示とかシャーマンとかいきなり出てきても「やべえ怪しい」としか思わないでしょうけど、ほんとすごい人なんです。

まあ私ごときが何言っても信用されないとは思いますが、ご縁のない方は全く興味もわかず関わることもないと思います。

ただ、本物だとだけ言っておきますが。

 

ちなみに、LIVEも普通にワンマンとかやっちゃう人なので、影響力はすごいです。
講演会も毎回満席です。

話す内容は「霊」とか「神」とか当たり前に出てくるので、頭からそういうものの一切を否定する人には合わないと思います。

ちなみに歌もすごい神の言葉とか歌ってるので、みなさんがイメージするロックバンドみたいのとは全く違います。

LIVEのもようです
↓↓↓↓↓

 

今回は講演会だったので演奏はなかったんですが、次回は京都で開催のチャリティライブを観に行かせていただきます。

 

講演会の様子

先ほども言いましたが、講演の内容は霊とは何か?であったり、人が取り憑かれてる状態とは?とかそういったことです。

まあ目に見えない、科学で説明できない別次元の仕組みとかの話をします。

ほんとにここで文章に書いても、怪しくしか見えないですが、これらの話は全て神人さんの実体験から話されています。

聞いてても全く作り話感はないし、商業の匂いもしません。(実際、講演料とかでほとんど利益は取っていない)

 

内容はほんとにディープですが、話はクッッッソおもしろい!

超おもしろいんです。話し方も、内容も。

ほんとに、例えばなんか体の調子が悪い時とか、その仕組みの話とか、なんかモヤモヤして答えがよくわからないことの、あらゆることの辻褄が合うんです。

「ああ、あれはそう言うことだったのか!」と納得することだらけで、本当に長年の疑問の答えがあっさり明かされていく感じでした。衝撃的です。

5時間以上もある講演で、しかも床に大人数が座布団で座る形式にも関わらず、あっっっと言うまに時間が過ぎました。

 

で、「神示」とは、翻訳者となる人が神の言葉を自動書記で記したもので、有名なものだと「岡本天明」さんが降ろした、『日月神示(ひふみ神示)』があります。

で、『大日月神示』というのが、神人さんが降ろしたものになります。

岡本天明が降ろしたものよりも、現代人に分かるやさしい言葉で書かれています。

アマゾンでも普通に買えますが、おそらくご縁のある人しか手にしないものだと思います。
↓↓↓↓↓

前巻、後巻あります。

 

著名な脳科学者も「死後の世界」を認める

今回、この機械にお誘いくださった、リーダーであり師匠でもある西野さんに感謝です。

確かに現代科学はすごい発達してますけど、なんか目に見えないものの存在も確かに感じるじゃないですか。感じないですか?

だって、偶然ではどうしても片付けられないよなあ〜ってこと、みんな1つくらいはありますよね?

 

あるんですよ。目には見えない世界というのが。

科学だけでは絶対に世界の全ては説明できないです。科学も正しい情報もあれば、間違っている情報もたくさんあります。

なので、科学で説明できないからといって、こういうものを頭から否定するのは違うよなーって思います。

 

そういう、「なんか不思議だけど存在するもの」ってのを、霊とか神とかの話でものすごくスッキリ説明してくれるんです。

あ、それなら確かに説明がつきますね。と。むしろそれ以外ありえないですね。ってくらい、腑に落ちてしまいました。

 

エベン・アレグザンダーという脳科学者の権威が、臨死体験から「死後の世界の存在」を認めた、という話もあります。

その方の書籍です
↓↓↓↓↓

 

まあ私自身も、そういった超次元的な存在無くしては説明できないような体験もありますし、こういったことがどんどん分かっていくのはとても嬉しく思います。(あの時死んでてもおかしくなかった、なんてこと何回もありますもんね)

世界はまだまだわからないことだらけです。

なのでこういったことも続けて勉強していきます。

 

ということで、今回もありがとうございました。