Studio Oneにオススメの周辺機材(PC周辺機器)

こんにちは

ビジネスマンのための休日ミュージシャン育成トレーナーの織沢てつろうです。

今回は周辺機材の3回目、他にもこまごましたものはありますが。

ひとまず、始めた頃に持っていると、作業効率が格段に上がるものの紹介としては今回が最後になります。

今回紹介するものは、持っててあたり前じゃない?

って思う方も多いと思うのですが、

これまた意外に持ってない状態で、作業している人が結構いるので紹介しておきます。

Kensington EXPERT MOUSE

https://www.amazon.co.jp/dp/B01BXS17N6/ref=sspa_dk_detail_1?psc=1

これは、トラックボールというものです。

こちらは通常のマウスと違って、カーソルを移動させる時などに、本体を動かす必要がありません

色々な形状がありますが、本体に付いてるボールを指で動かしてドラッグドロップなどが出来ます。

そのボールの周りに色々なボタンがついていて、そこに右クリックやページめくりなどの機能をアサイン出来ます。

価格の安いものは、そこにアサインできるものが少なかったり、ボールの操作性が少し鈍かったりします。

このトラックボールはほんとに好みが分かれていて、この形状じゃないと嫌と言う人がいたり、

そもそもトラックボールが使いにくいという方もいて、実際にアレンジャーやエンジニアでもマウス派とトラックボール派がいます。

私は10年くらいトラックボールを使っているので、生徒さんのマウスを借りて作業をする時などは少しやりにくかったりします。

トラックボールの一番のメリットとしては、作業スペースが狭くてすむというところです。

本体自体を、上下左右に動かしたりしなくていいので、本体を置けるスペースさえあれば作業が可能になります。

 

  • ラップトップデスク(スタンド)

こちらも馴染みが無い方もいらっしゃるかもしれません。

簡易的なスタンディングデスクみたいなものと思っていただければ。

DTMを始めたての人は、いきなりDTMに適したパソコンラックを買うのが難しい方もいらっしゃると思います。

これは通常のテーブルの上に設置します。(簡単に取り外し可能)

DTMに限った話では無く、PCの前に張り付いて作業していると、自然と猫背になってしまうんですよね。

血流が悪くなって、頭が痛くなるわ、肩はこるわ。

極めつけに集中力がなくなります…

そんな時に見つけたのがこれでした。

https://www.amazon.co.jp/ARINO-%E6%8A%98%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%81%BF%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB-%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB-%E8%A7%92%E5%BA%A6%E8%AA%BF%E7%AF%80%E5%8F%AF%E8%83%BD-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E8%AA%AC%E6%98%8E%E6%9B%B8%E4%BB%98%E3%81%8D/dp/B07D57SK8N

 

自分はDTMの作業は、デスクトップPCを使うのですが、ブログを書いたり、事務作業をしたりする時はノートブックを使います。

自宅にあるテーブルが少し低いもので、どうしてもノートブックを覗き込むと姿勢が悪くなってしまっていたんです。

椅子を低いものにしたりしていたのですが、なかなか自分の目線を同じような位置にならず…

それならディスプレイ自体を上げてしまおうと。

とりあえず試しに安価なものを購入してみたんですが、これが想像以上に使いやすい!

ラップトップデスクの下は、すっきりしたスペースになっているので、そこでメモをとる事も出来たりします。

たまに気分転換に、DTMの作業もこのラップトップデスクをキーボートの上に乗せて、立った状態で音楽制作をやる時もあります。

座った時より、すっきりしながら作業出来るのでオススメです。

今すぐにDTMを始めたい人も、後々作業スペースがごちゃごちゃで進まない…なんて事にならないように、

どういった環境でDTMをするかイメージしてみてください。

 

以上、【Studio Oneにオススメの周辺機材(PC周辺機器)】でした。
次回は【モニター(リスニング)機材の紹介】です。

お楽しみに!!

独学でボイトレするおすすめの方法

できるだけお金をかけずに、もっと歌のレベルを上げたいと思いませんか?

できれば独学でボイトレして、歌がうまくなれたらそれに越したことはないのではないでしょうか。

しかしプロのシンガーのように、誰しも恵まれた環境で高額なレッスンを受けられるわけではありませんよね?

 

あなたもこんな悩みはありませんか?

■ネットで調べても、それが正しいボイトレなのかわからない

■高音の出し方やミックスボイスなど、バラバラに情報があるが、体系化されたボイトレメソッドがない

■自宅では声が出せない環境なので、満足に練習できない

■何から始めたらいいかわからない

■効果的な練習方法がわからない

■正しくできているか、自分でチェックできない

もしあなたが、どれか一つでも感じたことがあるなら、それを解決できるおすすめの方法があります。

それが、

在宅ボイトレ〈動画レッスン&メール講座〉

です。

 

このボイトレ講座の特徴は、

■在宅でできる

■スキマ時間でできる

■基礎から応用まで学べる、順序立てて体系化されたメソッド

■ボイトレレッスンの現場で、実際に行なっている内容をコンテンツ化している

■正しくできているか、セルフチェックの方法が充実

■疑問を解決したり、正しくできているかチェックできるサポート体制

つまり、独学のボイトレで上達するためのキモを押さえているのです。

 

Free Time Music school では、この

在宅ボイトレ〈動画レッスン&メール講座〉

期間限定で無料プレゼントしています。

 

レッスン生限定のコンテンツを、無料でゲットしたい方は

してください!

今だけ無料プレゼント

横浜のカラオケ・ボイトレ教室は

Free Time Music school へ!

まずは体験レッスンを受けてみませんか?

→詳細はコチラ

残り枠わずか!

横浜のカラオケ・ボイトレ教室は

Free Time Music school へ!

【4つのコースであなたにぴったりのレッスンが選べる】