Studio Oneにオススメの周辺機材(MIDIキーボード)

こんにちは

ビジネスマンのための休日ミュージシャン育成トレーナーの織沢てつろうです。

今回は、DTMの作業を一段とスピードアップする機材

MIDIキーボードを紹介して行きたいと思います。

そもそもMIDIってなんだって方もいると思うので、まずはその説明を。

歌やギター、ベースなどを実際に弾いてマイクを通して録音したものをオーディオデータと言います。

  • MIDIデータ

それに対して、MIDIデータは、

実際の音のデータでは無く、

ソフトウェア音源、プラグインシンセなどを、鳴らすための演奏情報。

指示をする記号のようなものだと思ってください。

鍵盤や、パソコンで手打ちして入力する事で、音源を鳴らす事が出来ます。

MIDIデータに音声は入っていないので、それを鳴らすために音源が必要という事になります。

Studio Oneに入ってる無料音源がそれにあたります。

パソコン上でクリックしながら入力する事も出来るんですが、

その作業のスピードアップ。

打ち込みのスピードアップが出来るのがMIDIキーボードなんですね。

オススメのMIDIキーボード

M-AUDIO

Keystation 49

https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/196011/

こちらがそのMIDIキーボードで、

オススメのポイントとしては、USBバスパワーで動作します。

バスパワーというのは、電源のアダプターを別途接続する必要がなく、PCに繋ぐだけでPCから電源を供給して使用する事が出来ます。

ピッチベンドやモジュレーションホイール、オクターブコントロールのボタンなどが付いています。

インターフェースを同様に、このキーボードにも付属しているものがあります。

このキーボードには、ピアノ専門の音源「Sonivox Eighty Eight Ensemble」が付属しています。

Studio Oneに付属している音源より、質の高い音源になっているので、

ピアノ音源を買う前に、この付属ソフトを試してみるのもいいかと思います。

他には、

KORG

microKEY-25

https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/174356/

こちらもおなじくバスパワーで動作します。

そして一番のメリットは、とにかく軽くてコンパクトなところです。

ノートブックと一緒に持ち歩けば、出先で作業する事も可能になったりします。

出先で簡単に打ち込んで、そのデータをデスクトップに送信、

フルアレンジは、自宅のデスクトップで。

なんてやり方もいいかもしれません。

仕事の休憩時間に少し作業を進めてっていう事も出来ますね。

このソフトにもソフトシンセが付属しています。

・M1 Le(25/37鍵モデル)

・Ableton「Live」シリーズ(ディスカウント・クーポン)

・Lounge Lizard Session

・Ultra Analog Session

・Strum Acoustic Session

MIDIキーボード選びのポイント

サウンドハウスのMIDIキーボードを一覧出来るURLを載せておきます。

https://www.soundhouse.co.jp/search/index/?search_all=midi%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89&i_type=s&suggest=y

1万円前後のキーボードではそこまで大差はありません。

  • 選ぶ際のポイント

1. 鍵盤の数

2. 付属品の確認

3.  バスパワー対応か?

この3点に注目して選んでみてください。

鍵盤の数は、ピアノ経験者ならある程度鍵盤数の多いもの。

作業スペースがあまり広くない人は、サイズの小さいものを。

付属品は、名前をYouTubeで検索すれば、

音源の紹介をしている動画が出てくるので、気になったものを検索してみてください。

以上、【Studio Oneにオススメの周辺機材(MIDIキーボード)】でした。

DTM関連以外でも、質問があればコメント欄に書き込んでくださいね。

ブログ記事にてお答えします。

次回は、【Studio Oneにオススメの周辺機材(PC周辺機器)】です。

お楽しみに。

記事が参考になったら体験レッスンを受けてみよう!


画像
をクリックするのよ!

 

歌ってみたをやってみたい人はこちら


画像をクリックするのよ!

 

【キャンペーン】3日間集中コース(まもなく割引き終了!)


画像をクリックするんだぜ!